料理人になるためには調理師免許を取得するといいでしょう

プロを目指す

食材

料理作りには特別な資格は不要となりますが、料理を仕事にするからには調理師資格は欠かせないものとなるでしょう。資格があることで就職に有利にはたらきますし、キャリアアップの際にも役立ちます。資格取得を目指している人の中には、自分の力で勉強して試験を受ける人もいます。ですが、調理師学科がある専門学校へ通い卒業することで、自動的に付与される資格でもあるのです。

調理師学科が設けられている専門学校は全国にあります。ですが、通う場所により授業の内容が変わってくるので、事前に確認することが大切です。例えば、基本的に1年コースと2年コースにわかれていますが、より早く現場で活躍したい人は1年コースを選ぶといいでしょう。より知識や技術を学びたい人は2年コースを選ぶ人が多いでしょう。また、一口に調理師といっても、いろいろな料理を作ることができる技術も求められます。専門学校には和食だけでなく、洋食や中華などを学べるところもあります。それに加えて、パン作りの技術が同時に学べるところもあるので、目的に合わせた場所へ通うことが重要だと言えるでしょう。

調理師を目指す人は専門学校へ通う人がほとんどですが、そこで気になるのが学費でしょう。専門学校で勉強するにはお金がかかりますし、経済的な負担が大きくなります。専門学校によっては学費のサポートが受けられるところがあるため、どのようなサポート体制があるのかも事前に確認するようにしましょう。