料理人になるためには調理師免許を取得するといいでしょう

事前に確認する

製菓学校の中には夜間部を設けているところがあります。夜間部なら社会人でも通うことができますし、大学生や短大に通いながら勉強することもできます。まずは体験入学を利用するといいでしょう。

食材

プロを目指す

調理師として働くためには調理師免許を取得するといいでしょう。日本では専門学校へ通い取得を目指す人が多いですが、事前にコースの内容やサポート体制についてチェックすることが大切です。

どのルートを選ぶのか

コック

調理師を目指している人は、調理師免許を取得することが大切です。料理ができるわけではなく、食材を適切に扱うことができる証明にもなるからです。通常は専門学校へ通い取得をする人が多いですが、中には独学で取得する人も少なからずいます。そのため、国家資格の調理免許を取得するには大きくわけて2つの方法がありますが、そのルートについて紹介します。

1つめは専門学校へ通うことです。そこで条件となるのが厚生労働大臣が指定しているかです。厚生労働大臣が指定している専門学校へ入学し、最低でも1年以上学ぶ必要があります。卒業できれば自動的に免許が付与されるため、特別テストを受ける必要などがないのです。あくまでも卒業することが付与される条件となります。
2つめは現場で働く方法です。専門学校へ行かずにすぐに現場で働き、試験に合格することで免許を取得することが可能です。ただ現場で働けばいいということではなく、2年以上の実務経験が条件となります。試験は都道府県知事により実施されますが、厚生労働省が決めた基準にクリアすることで受験資格を得ることが可能です。

このように調理師免許を取得するには、主に2つの方法が主流となります。専門学校では基礎的な知識や技術を身につけることができますが、現場では実践しながら知識や技術を習得することができます。両方のメリットを確認した上で、自分に合った勉強方法で調理免許を取得を目指すといいでしょう。

お菓子

通信教育で勉強する

お菓子やパンなどの勉強がしたいときは専門学校に通学しなければならないのですが、最近では通信講座でも勉強ができるようです。ホームページで詳しい内容を確認しておきましょう。